婚約破棄

婚約破棄による慰謝料請求をしたい場合

長く付き合った彼、彼女との別れ、失恋により、心に傷を負われる方も多いと思います。

 

もしもその恋人と結婚の約束をしていたらどうでしょうか。

結婚を約束していた彼・彼女から、突然別れを切り出され、一方的に婚約解消された場合、ご自身の人生設計や今後の計画などに多大なマイナスの影響を与える場合が多いでしょう。

 

どうしても気持ちの整理がつかない、恋愛がトラウマになったなど、いろいろな悩みを抱える方もいらっしゃいます。

単なる失恋の問題ではありません。

 

このような場合、慰謝料の請求をすることが可能です。

一歩前に進むためにも、ご相談いただければと思います。

婚約破棄の問題に強い弁護士が対応させていただきます。

婚約破棄の慰謝料請求をされた場合

元交際相手から、交際解消により「婚約破棄」として慰謝料の請求を求められた場合、どのように対処すればよいでしょうか。

元交際相手本人であればまだよいのですが、弁護士からの通知や裁判所からの書面(訴状等)が届いた場合、そのままにしておくと、相手方の主張がそのまま認められて慰謝料を支払わなければならなくなったり、差押を受けたりする可能性があります。

 

そのような場合には、すぐに弁護士に相談することをお勧めします。

 

一般的に、請求する場合よりも、請求された場合の方が緊急性は高いため、まずはご相談いただければと思います。

 

請求されるに至った経緯にはいろいろなご事情があるかと思いますが、当事務所では婚約破棄の問題に強い弁護士が直接ゆっくりとお話を聞かせていただき、迅速に対応させていただきます。